<< 日本シリーズ開幕 | main | 【新聞の記事より】後見人の不正、許さない >>

JR北海道、赤字3線区を廃止

前にも似た様な記事を書いた気もしますが・・・

 

JR北海道が道内3線区の廃止方針を固めたというニュースです。

 

 

 

鉄道の目的は人員・貨物の大量輸送にありますから、その人員や貨物が減れば廃止になるのも当然といえばそれまでですが・・・

 

ところで鉄道(旧国鉄・JR)の路線には「本線」とその他の路線があり、本線は木で言うところの幹の様なもので、日本の鉄道輸送網の骨格を形づくる路線となります。

東海道本線、山陽本線、東北本線、信越本線、奥羽本線、北陸本線、山陰本線、鹿児島本線、日豊本線等々パッと聞いただけではどのあたりにあるのか分からない路線もあるかもしれませんが、これらの本線の路線図を紙に書き落とす概ね日本列島らしき図が浮かび上がるようになっています。

 

北海道にも本線はありますが、本州などの本線とは違い元々人の少ないところに将来の開発を見込んで敷設された路線も多く、今では名寄本線など本線であるにもかかわらず廃止になってしまった路線もあります。

今回の廃止候補に挙がった3路線(区間)も留萌−深川間が留萌本線、富良野−新得間が根室本線の一部となり、北海道を代表するいわば名門の本線です。

本線は地域経済を支えるインフラとしての機能を重視し、営業収支だけが存続の基準になるわけではないのですが、沿線人口も減り路線の存在意義も低下しJR北海道にも赤字を支える体力がなくなってしまったのだと思います。

 

人が減るから路線が無くなり、路線が無くなるから人が減る。

埼玉にいるとあまり見えてこない現実です。

 

at 10:24, (株)しあわせハウジング, その他

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://shiawase-h.jugem.jp/trackback/458