<< 物件チラシの作成 | main | 相続・贈与のセミナー >>

空けておくぐらいなら安くても埋まった方がいいでしょう?

昨今は賃貸物件を借りるときに、値段交渉をすることが多いです。

 

募集賃料に対し借主が大幅な値引きを希望するときに、時々タイトルの言葉を言うお客様がいらっしゃいますが、経験上多くの貸主はそうは考えていません。
確かに貸主さんが「空けておいても仕方ないからねぇ」と言うことはありますが、それは募集賃料を大幅に下げて心ならずも決めるというよりは、大抵は多少値段は下げたものの想定の範囲内で交渉が収まった時に使うことが多いようです。

 

例えば募集賃料30万円の店舗があり、それを20万円で借りたいというお客様がいてタイトルにあるセリフを言ったします。
その場合、かなりの割合で「その値段だったら借りてくれなくてよいです」となって交渉が終了すると思います。
と言うよりも30万円で募集している物件であれば20万円にすれば決まるのが当たり前で、それこそ「空けておくよりは・・・」と貸主が考えるのであればその値段でとっくに決めているわけで、今その値段にしなくてはならない特別な理由でもない限りは貸主はその様には考えないとと思われます。

 

正直、貸主もある程度の値下げはやむなしとは思いながらも、今までの賃料や周辺物件の相場などからそれなりに合理的に値段をつけていますので、あまり大幅な申し込みをするのも善し悪しです。
ダメもとで言うだけ言ってみよという考え方もありますが、それで貸主にへそを曲げられてしまっては元も子もありませんから難しいところです。

 

貸主と借主は利害が反する面はあるものの、賃貸契約においてはパートナー的な関係でもあります。
実際入居中は常に大家と店子の関係は続くわけで、そこでいがみ合っているのか協調的かは長い賃貸借関係では大きな影響があります。

賃貸物件、特に事業系物件を借りる際にはその点は十分留意された方が宜しいかと思います。

at 15:31, (株)しあわせハウジング, ノウハウ的な・・・

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://shiawase-h.jugem.jp/trackback/429