<< 【物件紹介】グランドシティ大宮 3DK 1360万円 | main | 重要事項説明 >>

借地権とはのそもそも論

地主から土地を借りて利用する権利を借地権(しゃくちけん)と言います。

読んで字のごとく「土地を借りる権利」という意味です。

 

但し一口に土地を借りると言っても、その土地を何の用途で借りるかということによって適用される法律が変わってきます。

一言でいうと、建物を建てる目的で土地を借りる場合には「借地借家法(あるいは旧借地法)」、車を置いたり畑を耕したり資材を置いたりする目的で土地を借りる場合には「民法(の賃貸借の条文)」が適用されます。

一般には借地権というと前者の建物を建てる目的で土地を借りる権利を指します。

 

借地借家法および平成4年8月以前に結ばれた借地契約に適用される旧借地法はとても厳しい法律で、土地を借りた人(借地人)の権利が強く保護されています。

戦時中、主人が出兵してしまった家族が地主から立ち退きを強制されないように定めた借地人保護の内容や解釈が現在まで綿々と続いているからです。

結果的に地主からすると一度契約をしてしまうと中々土地が自分の手元に戻ってこない内容になっていますので、建物所有を目的とする借地契約を結ぶことには大変慎重になります。

 

一方、建物の所有を目的としない土地の賃借は借地借家法の規定が適用されません。
当事者が結んだ契約の内容が適用されますし、特に契約を結んでいない場合でも民法の定めでは当事者の解約の申し入れから6ヶ月が経過すれば契約が終了することになっています。
なので駐車場や家庭菜園などの借地契約はとても簡単な手続きで契約をすることが可能です。
(駐車場の契約などは大抵1ヶ月目に申し入れをすれば貸主・借主どちらからでも解約も申し入れができるのが一般的です)

 

このことを整理すると、土地を安く借りてその上に自分で建物を建てて生活をするなり事業を行うなりしようという考え方は、一見もっともに聞こえますが、現実的にはまずあり得ないということが分かります。
土地上に借地人が建物を建てるとなると、適用される法律が地主にとって大変厳しい「借地借家法」になりますので、契約をするためには地主に対して多額の権利金などを支払う必要がありますし地代も相応に高額になると思われます。
それにそもそも現在では単純な借地契約を結ぼうという地主さんは都市圏では極めて少ないと思われます。

 

時々土地だけ借りられればいいのですがというお問い合わせを頂いて、よくよくお話を伺うと土地の上に何かしらの建物を建てたいというご要望だったりしますが、上記の様に居住用・事業用の用途にかかわらず借地上に建物を建てるということは原則として極めて難しいご相談となります。

 

恐れ入りますがご留意いただけたらと考える次第でございます。

 

at 15:33, (株)しあわせハウジング, ノウハウ的な・・・

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://shiawase-h.jugem.jp/trackback/427