<< 広島カープマジック点灯! | main | 【大宮のランチ】カーサ・カリーノ >>

広域交付住民票

賃貸物件を借りるときに本人・家族の住民票の提出は必須です。

契約者であるその人が確かに存在するという証明になります。

 

住民票は自分の住んでいる市町村を管轄する市役所や区役所で取ることができます。

引っ越し等で居住地が変わった場合、原則として住民票の移動は義務となっていますが、実際にはその手続きをしない方も多いです。

 

転勤で引っ越しをする方などで住民票を移していない方が住民票をわざわざ自分の住んでいた街に取りに帰るのは手間も時間もかかりますが、そういう場合には引っ越し先の市役所などで「広域交付住民票」というものを取ることができます。
広域交付住民票は本籍地や家族の筆頭者等の情報は記載されませんが、賃貸物件を借りる際に提出する住民票としては充分に要件を満たしているものです。
住民票が以前の居住地に残ったままの場合は、不動産会社に提出するのは広域交付住民票で問題ないかを聞いてみると良いと思います。
マイナンバーカードあるいは運転免許証などの写真入り公的身分証明書を持参して、手数料数百円で手続きができます。

 

ちなみに大宮区役所では広域交付住民票を取得できるのは本人か同じ住民票に記載されている親族に限られていて、それ以外の人は委任状を持っていてもダメらしいです(例えば会社の総務担当の方が本人の代わりに取得しようとするケースなど)。
また広域交付住民票が発行できるのは住民基本台帳ネットワークで繋がった市町村だけとなりますので、その点も含め事前に役所に確認をした方が良いと思います。

at 12:12, (株)しあわせハウジング, ノウハウ的な・・・

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://shiawase-h.jugem.jp/trackback/421